アイエムドア

2018/07/19 コラム IM NEWS アイエムニュース Vol.45-2018 

玄関ドアの開き勝手について

新築の住宅で圧倒的に多数なのは、外開き玄関扉。開き方は、お国によって異なるのです。それぞれの特徴とお国によるお話しです。

玄関ドアの開き勝手の種類

両開き木製玄関ドア

 

当たり前にある玄関ドア。玄関ドアは、お家の顔です。
住宅の入口である玄関扉にオーナーのこだわりが伺えます。
広い間口であれば両開きドアを設置してゴージャスに構えたいものですが、現実派は片開き戸、あるいは細いドア+メインドアからなる親子扉が一般的です。
開き方は圧倒的に外開きです。昔から家屋や和風のお宅は引戸の玄関、また少数派の内開き玄関ドアもあります。
標準的な玄関ドアとはどのようなものでしょうか?今回は、玄関ドアの開き勝手について、世界のお国事情も含めてのお話しです。

外開き玄関扉

スウェーデン外開き玄関ドア

昔から日本は高温多湿の気候上、住宅に重視されたのは風通しの良さです。よって、個室を作るより襖や障子で仕切る方法による部屋作りがされました。
外との境の玄関戸やサッシも、開放や仕切りが可能で空気の流れを自由に変化させることができるハンディーな引き違い戸が主流でした。近年、住宅の洋風化と住宅性能の向上により、ほとんどの玄関扉は引戸から開き戸となりました。

開き戸には外開きと内開きがありますが、日本ではほとんどの開き戸が、外開きです。それに反して海外では内開きが主流です。住宅の洋風化に伴い、日本ではどうして外開き扉がスタンダードになったのでしょうか?

それは、日本の文化と日本の住宅事情に由来します。日本は室内に入るときに、靴を脱いで上がります。当然、玄関框の手前は靴の脱ぎ場が必要になってきます(玄関框とは、玄関の上がり口付近、段になって立ち上がった境の部分です。最近のマンションではとても低くなってきています)。昔の引き戸なら玄関框と平行に動くのでスペース的に問題はありませんでしたが、内開き扉だと、扉を開けるごとに、靴を脱ぎ掃きするスペースが狭くなります。また小さい家だと玄関も狭く、履物や靴が扉で押しのけされることにもなりません。よって日本の開き戸は自然に外開きがスタンダードとなりました。

内開き玄関扉

内開き玄関ドア

 

日本では外開き玄関ドアがスタンダードなのに反して、海外では内開き玄関ドアがスタンダードです。内開きの理由は、玄関框部分がなく、靴を脱ぎ掃きしなくて良いからでしょうか?
それぞれのお国によって理由もあるようです。

ヨーロッパの玄関ドアは、ほとんどが内開きです。イタリアでは、ヒンジが外に出ている外開き戸は防犯上理由でありえないとの事です。外開きドアは、ドアをささえる蝶番(ヒンジ)部分が外に露出します。蝶番を破壊すると簡単に扉が開けられ中に侵入できるので、ドアは安全性の高い内開きが標準です。
フランス人は、「大切なゲストを歓迎して中に招き入れるために、玄関ドアは内開きなの」と言っていました。外開きドアは、お客様を玄関先で追い返す印象のようです。
また、木製ドアが主流のヨーロッパでは、扉を外に開いたら、扉が雨風にさらされる機会が増えるので扉の木材が傷見やすくなります。これを避けるために内側に開けるという説もあります。
アメリカやカナダの北米は、もともとヨーロッパの文化を受けついたため内開きが主流です。他に、北米には地域によって玄関ドアが2重扉になっている住宅を見かけます。暑い地域では網戸のようなスクリーンが、寒い地域では防風をさけるためガラスのドアが外側に設置してある2重扉です。この場合必然的に、外側の扉が外開き、内側の扉が内開きになります。


ところが、ヨーロッパでは日本と同じように外開きの玄関ドアが標準の国があります。それは北欧の国、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドです。北欧は背の高い国民の印象がありますが、玄関ドアは日本よりも高さが低く、外開きでこじんまりしています。冬の気候が厳しい北欧は、扉を外に開けることにより雪を室内に吹き込ませ理由だそうです。そしてできるだけ開口スペースを小さくして、外気の侵入を最小限に抑えて室内の温度を下げない工夫なのです。

引戸

木製引き戸

先に申したように、日本は本来引戸の文化です。引戸は日本の住まいにとってメリットがあります、まず第一に、狭い日本の住宅、玄関の前後のスペースを占領せずにコンパクトに収まります。軒下が深くとれないお宅にも引戸はお奨めです。

引戸には片引戸と引き違い戸があります。片引き戸は扉が一枚で、開放すると扉は壁の上、あるいは戸袋内に納まります。引き違い戸は、2枚の扉が2本のレールにそれぞれ動き交差することができます。引き違い戸のメリットは、なんと言っても開口を広くとれる点です。片引き戸のメリットは、引き違い戸に比べて、防犯性が高い点と、気密性が優れている点です。

まとめ

住宅に必ず必要な玄関扉は、文化や国によって異なります。日本では昔からの引き戸や外開き扉、海外では北欧をのぞくと内開き扉が主流ということになります。


人気のカテゴリ

スタッフよりお知らせ

営業時間

平日:9:00~18:00  土曜:10:00~18:00
(日曜・祝日:休み)

【 東京 Tokyo 】
TEL:03-5325-6503  FAX:03-5325-6505
【 大阪 Osaka 】
TEL:06-6561-3901  FAX:06-6567-2414

 Email:order@imliving.com

SNSサービス

ピンタレスト  インスタロゴ  facebookロゴ
お問い合わせボタン
ページのトップへ戻る